調律

  • 2020.03.27 Friday
  • 08:23

 

JUGEMテーマ:コラム

 

 楽器をギターから始めると、平均律以外の概念はわからないに等しい。平均律以外に調律があることは、ヤマハのシンセサイザーにあるマイクロチューニングという機能で知ることとなった。しかし、その調律の差を使いこなせない。

 「ムスビウタ」という詞に曲をつける際、琴の音色のリクエストがあったので、その音色で作曲を進めたのだが、日本的な表現には程遠かった。研究のため、コルグの琴用のチューナーを買ってみると一目瞭然、日本人は-10セントの音の違いを認識しているのである。

 「はなわ ちえ」さんの津軽じょんがら節であるが、 2:40 あたりからゆっくり弾く音を味わっていただきたく、下記からYoutubeに飛んでご覧ください。-10セントの差を弾きこなしている(と感じている)。

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recommend

Mastering Audio: The Art and the Science
Mastering Audio: The Art and the Science (JUGEMレビュー »)
Bob Katz
マスタリングの出発点

recommend

音楽・情報・脳 (放送大学大学院教材)
音楽・情報・脳 (放送大学大学院教材) (JUGEMレビュー »)
仁科 エミ,河合 徳枝
ハイレゾ音源の意義

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM